スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、離島(ガラパゴス)トレーダーのSAKUSHIです。


最近トレードをしていて感じたことがあるので書いてみたいと思います。


私がいままでオーナー師匠から学んできた戦略や手法は間違っていないと絶対的に考えていますが(笑)

その戦略や手法を正しく相場に当てはめてトレードをしているにもかかわらず、なかなか実績に反映されず

自分がやっていることに自信が持てない時がありました。


でも、なかにはすぐにファイナルアタックに成功して常勝トレーダーの道を歩み始める人もいるわけです。

同じ事を学んでいるのに、なぜこうも結果が違うのか?


そのヒントはトレード結果にあるのではないかと考えました。


たとえ自分がベストであろうと思うところでエントリーをしたとしても、相場にゼッタイはないのですから

ロスカットに終わってしまうこともあります。


「ベスト(と思ってる)」ところでエントリー → 本人はもちろん勝つ気満々(笑)

見事に利益の出るトレードとなれば、さらに自分のトレードに自信がつきますよね。



ただ上昇途中トレーダーの場合(私も含め)

ベスト(と思ってる)なエントリーをしたにもかかわらず損失が出てしまった(なんで?正しいと思ったのに?)

そんなことを考えてしまい次のトレードを躊躇してしまったり

ネガティブ思考に陥ってしまったり・・・・


色々な手法を勉強することでトレードに対して選択肢が増えることでエントリーを迷ってしまう。

(MA反発、FIB、チャネルライン、ロング、ショート、スイング、スキャル、・・・・。)



ベスト(と思ってる)なエントリータイミングや、エントリーの選択肢が増えることは良いと思いますが、

その先には必ずしも良い結果があるわけではないということです。


「良い結果」が多い場合

これは説明不要ですね♪

次のトレードも頑張って行きましょう!!


「悪い結果」が多い場合

もし悪い結果になってしまったとき

・エントリーの不安材料やネガティブ思考に打ち勝つ理性

・場面を絞り込んでエントリーに繋げる選択力

・その負けを許容できるコントロール力

これらを同時に成長させなければ、いままで学んできたことを活かしきるのは難しいのかなと考えました。



もちろんベストなトレードをするには、それまでの環境認識や戦略、戦術があってこそだと思いますので

そこは更なる精進が必要ですね。




これからも常勝(上昇)トレーダー目指して頑張ります!


それでは、また!!




為替・FX ブログランキングへ


SAKUSHIのターゲッティングFX戦略
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。